老後2000万円問題・・不安になりませんか?簡単に投資が学べます!

記事の外注や自分の記事でコピペが不安な人へ

夕張メロン

こんにちは夕張メロンです。

記事を書いていたり、外注でお願いしていると、自分の記事やほかのサイトの記事と「コピペ」になってないか?不安になりませんか?

キーワードが同じでは、書くことも似てくるのは当たり前ですから仕方ないところです。

でもGoogle先生はそれを類似コンテンツとしてペナルティを与えてきますし、SEO的にもよくないです。

どうしたらいいんでしょうか?

この記事ではこのような「コピペへの不安」を解消できる方法について解説しています。

具体的には何らかのツールを使って一発解消する方法を紹介してます。

お楽しみに!

夕張メロン

ブログ歴2年目の筆者が解説します。

では本文に入りますね!

スポンサーリンク

↓↓下の目次はクリックできます。気になるところをクリックしてみてください↓↓

記事のコピペで起こる悪影響

  • コピペの記事は「著作権侵害」の可能性もある
  • コピペはSEO的に悪いことが多い
  • コピペで作った記事は一時的に順位が良くなることもあるが、すぐに手動ペナルティー対象になってしまう。

もうそうなるとその記事やサイトは、大幅な順位低下になってしまい意味がなくなります。

どうしてもコピペがしたいときは引用を使う

サイトの内容的に信用を得るためなどで、どうしても外部の記事の内容をのせたいときは「引用」を使います。

引用が必要な場合は、必ず引用元のURLをリンク表記するのが大事です。

コピペへの対策

コピペへの対策
  • オリジナルの内容を付け加えていくように心がける
  • 記事を外注するときは、しっかりしたマニュアルを準備して、コピペさせないようにする
  • コピペができるチェックツールを導入してみる

おすすめのコピペチェックツールの紹介

  • 自分の書いた記事が、コピペになってないか不安
  • 外注に出した記事がコピペで作られてないか不安

そんな不安をあっという間に解決してくれるのが、コピペチェックツールです。

こぴらん

こぴらん
こぴらん
こぴらん

上の画像のboxに文章をコピペしてチェックボタンを押すと、文章を文に分解。

その文が、他サイトやブログ等で使用されていないかをチェックする簡易コピペチェッカーです。

こぴらんはこちら

CopyContentDetector

CopyContentDetector
CopyContentDetector

コピーチェックしたい文章を【文章を登録】に貼り付けて[チェックする]ボタンを押します。

【CSV一括登録】、【テキスト一括登録】から文章一括登録も可能です。

コピペチェック文字数は25文字から4,000文字です。有料プランは8,000文字になります。
コピーチェック実行回数制限はありません。

しばらくするとコピペチェックが始まります

ブラウザのページ再読込をして、コピペチェック結果を確認してください。

CopyContentDetectorはこちら

コピペリン

コピペリン
コピペリン
  • 記事作成を外注しているけど、コピペに関して不安を感じる
  • 過去にGoogleなどから類似コンテンツとして、ペナルティを受けた事がある
  • 大量の記事を依頼した時に、記事同士のコピペを後で気づいた

上のような不安や悩みは「コピペリン」があっという間に解決してくれます。

  • コピペチェックの必須ツール
  • 何万記事使っても追加料金なし
  • コピペチェックを自動化
  • 記事同士のコピーも見つける
コピペリンがおすすめな人

記事作成を外注している方

自分で執筆した方

夕張メロン

無料ツールに比べて、スピードが速く、様々なパターンからコピペを発見もしてくれるので、たくさん記事を調べたい人にもおすすめです。

やっぱり有料ツールだけありますね!

年間6000円、月500円、1日約16円で使い放題です。

↓ ↓ コピペリン公式サイトはこちらです ↓ ↓

シェアしていただけるとうれしいです
失敗しない「おいしいカニ通販ランキング3」

かに本舗

和歌山県のおいしい名物やグルメをご紹介

和華牛

北海道のおすすめグルメの紹介

かに

error: Content is protected !!
トップへ